CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
JAパールライン福島株式会社 パールライス事業部ウェブサイトはこちら
MOBILE
qrcode
白いお米ができるまで。〜福島の4月・2〜
0
     

    福島の4月、その2です。


    農家さんから送られてきたお米や野菜がどのような過程を得て、
    私たちの手元の届くのか。

    JA会津みどりさんの見学は、初めてだったのはもちろん、
    見れずに、知らずにいたかもしれないと、思いました。
    本当に貴重な経験でした。

    >> 〜福島の4月〜


    カントリーから先のお米(玄米)の行き先は、
    各農協へ送られたり、直販されることもあるようです。


    もう一つの行き先。


    それが精米工場です。


    玄米から、よく見るあの白いお米に変身するのです。

    稲から出てくるのは白いお米だと思ってるお子さんも多いかもしれないですね。


    ちょっと話はそれますが、
    娘の小学校1年生の時の夏休みの自由課題。
    作文を選びました。

    いくつか決められたお題がある中で、私が娘に提案したものが、
    JA向けの作文「おこめとわたし」。


    ごはん党の娘にピッタリなんじゃない?


    毎日食べてるお米がどんな風にできて、どんな力をくれるのか。
    そんなことを調べてから、作文を書きました。

    そんなこともあり、「稲穂」ってものをネットの画像で知った娘。


    今月5月の田植えの写真もぜひ見せてあげたいと思います。^^







    訪問させていただいたのは、

    JAパールライン福島さんの精米工場です。


    こちらでは玄米を精米(搗精:とうせい)して、出荷作業をしてます。
    もちろん、ここでも。
    シンチレーションの検査装置はありました。


    21℃に保たれた仮置き倉庫は、1〜2週間くらいで出荷できる量を保管しているそうです。

    お米は生き物。
    鮮度は大事です。

    バケツを数か所おいて、水分がとばないようにしてありました。






    精米の工程は、

    玄米を投入する張受ホッパーからはじまり、昇降機を通り、
    荷受計量機で玄米の重さをはかり、銘柄別にタンクで一時貯蔵します。





    最も多い作業が、玄米と一緒に入っているワラ、梱包時のひも、石、ガラス、もみなどを、

    プレソーターと呼ばれる石抜機で、CCDカメラのデジタル処理でチェックして取り除く作業を数回行ってます。





    ゴミ以外にも、こうしてお米としてNGな不良なお米も取り除かれます。

    ここで玄米として保管しておくものと、精米機に進むものと分かれます。





    新しい機械もある中で、ドーンと長いことここに座っているであろう機械もありました。

    メンテナンスを怠ることなくされているからこそですね。


    震災後、部分的破壊をしたものも多かったそうです。
    いくつもの手当がされ、今でもたくましく動いています。






    精米機に進むと、米の美味しさとつやを生かすために、
    米粒に無理な圧力を加えないように精米します。

    米粒を食べるときにじっくり見ることを忘れていたけど、
    こういう工程を知ると、
    一粒一粒がいろんな道を辿って届いているんだと、
    じっくりと米粒を見るようになりました。


    精米されたお米は、計量され、
    白米に色のついた粒や、異物が入ってないかを、電子チェックされます。

    さらに玄米のときのプレソーターと同じように、
    マジックソーターで、異物チェックをCCDカメラで取り除きます。

    タンクで精米で発生した熱を冷まし、銘柄別に一時保管されます。

    ブレンド米は、ここでブレンドされ、製造されるのです。


    フルイ網にかけて再度、異物チェック。
    粒のそろった純度の高い白米に仕上げられるのです。

    最後は、糠玉取機でさらに細かい糠玉を除去したのち、
    パッカーに移動し、精米を自動計量し、ブランド別・量別に袋詰めされます。





    最終チェック。

    金属検出機にかけられ、いよいよ出荷の作業へ進みます。





    出荷待ちのお米が積んでありました。





    福島の学校給食用のお米です。

    基準もかなり厳しく設定されてます。





    あああーーー!!


    うちに届いたお米だーーー!


    と、、親近感が湧いて湧いて。^^


    丁寧に教えてくださったJAパールライン福島の皆様、
    本当にありがとうございました!!





    うんうん。


    あったかいごはん。
    しろいごはん。


    ごはんが美味しいって、幸せなことです。


    お米に限らず、どんな食べ物でも大事。
    子供に「もったいない」から食べよう。っていうよりも、
    「大事」だから残さず食べよう。


    そう、伝えたいと思います。





    JA全農福島さんのサイトでも、
    お米に関するトピック情報が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

    >> ふくしまの米


    次回は、5月の福島をお届けする予定です〜。





    | イベント情報 | 09:13 | - | - |
    ふくしまのお米と野菜。〜福島の4月〜
    0
       
      美味しいものを安心して食べたい。
      誰もが思う気持ちだと思います。


      お店に並ぶ食べ物は、どんな風に自分たちのところにやってくるのかな。
      それがわかると美味しさも増して、安心感がもてると思います。

      人の手によって大切に育てられ、見ることのなかった努力を知ると、
      美味しさも一層増すことができました。

      福島のお米と野菜。
      こんな風に私たちの手元に。




      4月の福島です。


      田んぼはまだ冬眠中。
      これからの作業に備えて体力温存しているかのように思えました。^^

      今話題の会津若松。

      観光客の方も続々と増えてきたようで、
      地元の方が笑顔でお話してくれました。
      安堵。何よりももっと福島の良さを知ってほしいという気持ちが伝わってきました。






      教えてくださったのは、JA会津みどりさん。


      こちらに届けられるお米と野菜は、
      すべてシンチレーション(放射能測定装置)にかけられます。





      野菜は細かく切ってから測定。

      毎日届けられるものを、必ずする作業です。





      装置にかけるために、野菜は小さく切ってから、容器に詰めます。

      空気が入らないように丁寧に詰めていきます。




      なまりでできたシンチレーション。

      現在福島のJAさんには必ずある装置です。

      そして必ず検査され、出荷されています。



      1回の測定時間は、1000秒。

      15分ちょっとかけて検査されます。
      1つの野菜に15分。


      基準値以下はもちろん、
      「検出されず」と判定されたもののみ出荷されます。


      野菜やお米だけでなく、
      田植え前には、田んぼの土壌、用水も検査されます。
      農家さんに声をかけて、持参してもらい検査をするのです。

      そろそろそんな頃です。

      と、お話してくださいました。^^






      届けられたお米は、低温倉庫で保管されます。




      新米が入ってくる時期には、この倉庫はいっぱいになるそうです。

      4月の倉庫は、がら〜んとしてました。





      震災後に導入されたシンチレーションです。


      今まで届けられたお米は、低温倉庫に入り出荷待ちをしていました。

      震災後は、低温倉庫に入る前に全量全袋がシンチレーションにかけられ、
      低温倉庫に入ります。

      そして出荷されるときも、全量全袋。
      二度の検査を得て、各農協や精米工場に運ばれます。




      このような機械で米袋が上げられ、




      シンチレーションを通って、




      合格判定されたもののみが、出荷されます。

      1袋ずつこの装置を通過し、運ばれるのです。





      人の手によって、一枚ずつQRコードのついたシールが貼られます。





      このQRコードを見れば、このお米の情報がわかる管理システムです。

      しっかりと情報が表示できるからこそのシステムだと思います。




      低温倉庫内には、出荷待ちの玄米状態のお米がたくさん積まれてます。


      この倉庫には、お米の香りでいっぱい!!


      こうして丁寧な検査を得て、次なる工程に進みます。


      いつも見る白い米、精米されたお米は、次の工程へ進むのです。
      そのお話はまた今度♪





      低温倉庫で眠るばかりではありません。


      農家さんが保管できない分のお米は、この管理システムを使う方法もあるのです。


      JA会津ばんげカントリーエレベーター。


      米所には見かける大きな建物。


      お米の品質と保ちながら保管してくれる米蔵です。





      1トンもお米が入るフレコン。

      1トンって・・・?


      確かに・・・想像もつかない量ですが。^^;


      農家さんから運ばれるお米は、荷受け作業をされます。





      一時保管される貯留ビン。

      もちろんお米の種類別に保管されます。





      生もみは水分が高いので、

      乾燥→サイロ を移動させて、回転させながらお米を保管します。

      そのあと玄米として出荷されます。


      常にお米を循環させているので、
      カントリーでの保管はお米の鮮度を保ったままできるので、
      お米にとってもいいですね。





      会津のお米はエコ米。
      農薬、化学肥料を2割以上も減らし、良質なたい肥を使用したお米なのです。

      美味しいものを美味しいと思う気持ち。
      ちゃんと知るとなおさら美味しいと思えます。






      福島の野菜でできたふりかけ。


      美味しいふくしまのお米と一緒にいただきます!


      娘と息子が絶賛ドハマリ中です。

      そんな晩御飯メニューはこちらです。^^
      →→ ちょりまめ日和





      JA全農福島さんのサイトでも、
      お米に関するトピック情報が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

      >> ふくしまの米


      次回は、その続き。
      手元に届けられる白米への道です♪











      | イベント情報 | 11:34 | - | - |
      はじめまして。〜3ヶ月連載のご挨拶〜
      0
         
        はじめまして。

        blog「ちょりまめ日和」を主宰しているちょりママです。

        本日から3ヶ月間、こちらで連載を書かせていただきます。


        実際に福島にも訪問させていただき、体験日記とともに、
        福島のお米の安心、安全であることをみなさんにお伝えできればと思います。


        早速ですが、
        福島のお米の実食日記をご紹介いたします!



        先日、家に福島のお米が届きました。


        なんと!!15キロ!!です!!


        しかも3種類もあり、これもまた楽しさも増えました。
        どんな違いがある?
        食べ比べてみたい!!

        会津コシヒカリ
        会津ひとめぼれ




        天のつぶ




        すべて「安全な福島県のお米」シールが貼ってあり、
        放射性物質検査を玄米から実施されてると明記されているので、
        安心していただけます。




        袋から出してみると、

        粒のそろったサラサラのお米が出てきました。


        実は、大人になってからお米が大好きになりました。
        パンが一番好きだった私ですが、
        ごはんの良さを感じてるのです。


        日本人はやっぱりお米だよね、ごはんだよね。

        実のところ、
        和食だけに限らず、洋食も中華にも、ごはんに合うおかずが多いですよね。





        お米が美味しい国は日本と言われてます。

        そのままで食べるのが一番おいしいって、素材が美味しい証拠。

        加工や味付けせずに、そのままの味がわかる舌になる。

        子どものころから素材の味をわかるようになってほしい。
        そんな気持ちもあり、料理は素材の持ち味をいかしたものや、味付けを。
        そして、主食はお米中心の食生活を心がけてます。

        だからこそ。
        お米は安心して食べられる、美味しいお米がいい。


        白米好きの子供たち。
        娘と息子にそのままで美味しいごはんを食べてもらいたい。
        それがわかる舌に育ってほしいと思い、日々ごはんを作ってます。






        福島のお米が3種類到着した日の晩ご飯に、


        早速食べ比べをしてみました!


        おかずは、ごはんのお供だけです。


        っていいながら、、、
        実際は、あまりお供が減らず、ごはんがなくなっていきました。





        さすがに炊飯器は3台ないので、

        1つは炊飯器、残りの2つはお鍋で炊きました。


        これは「天のつぶ」です。

        実は一番気になっていたお米。

        コシヒカリ、ひとめぼれは、よく耳にするお米の種類ですが、
        「天のつぶ」は、初めてなので興味深かったです。





        ふっくら。つややかなお米です。
        一粒一粒が立っていて、おいしい〜〜。


        個人的な感想ですが、
        甘み、粘りは一番ないのですが、さらっとしていて、好みの味です。
        炊き込みごはんや、チャーハンとかにもよさそうでした!

        次は、天のつぶで炊き込みごはんか、チャーハン作ってみたいと思います!





        お次は、ひとめぼれ。


        甘みと粘りがあります。
        ふっくらと水分があって、そのままで美味しいごはんです。

        適度な粘りなので、おにぎりとかにもピッタリかなと思います!
        次はおにぎりバリエを楽しんでみようと思います!





        最後は、コシヒカリ。


        甘み、粘りが一番あるもちもちしたごはんでした。
        そのままいただくのが一番おいしいと思います。

        白米だけでも、塩をひとふりしたら、間違いなくおかわり連発です。

        娘イチオシのごはんです。
        3種類食べ比べてみて、会議!!

        そんな楽しい晩ご飯をしました。


        この日のごはんの日記、お供についてブログでお話させていただいてます。
        >> ちょりまめ日和






        JA全農福島さんのサイトでも、
        お米に関するトピック情報が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

        >> ふくしまの米


        次回は、福島の体験日記をご紹介したいと思います♪

        | イベント情報 | 11:27 | - | - |
        | 1/1PAGES |